映画同好会のblog

気ままにみた映画の紹介をします。

ポジティブな思考が人生を変える!!

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』

 

2008年

アメリカとイギリスで製作されたコメディ映画

監督はペイトン・リード

主演はジム・キャリー

上映時間は104分と見やすさあり

 

この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている!

 

製作費:$70,000,000(約70億円)

興行収入:$223,241,637(約223億円)

 

 

f:id:r-akimoto:20210613212519j:image

 

 

銀行員のカールは常にプライベートでも仕事でも答えは「NO」と言い、友人との付き合いや様々な勧誘・職場の個人融資の審査などあらゆることを断る生活を送っていた。

 

カールは3年前の離婚を引きずり、親友・ピーターが婚約を発表するが喜べず、職場では上司・ノーマンから昇進話がダメになったと伝えられる。

 

そんな中、カールは、知人のニックから「“イエスマン”になって人生が変わった。お前も人生を楽しめ」と怪しげなセミナーの冊子を渡される。人との付き合いを断り続けて孤独死する夢を見たカールは将来が不安になり、見学のつもりでセミナーに足を運ぶ。

 

大勢の参加者がホールに集まる中、ステージに現れた代表・テレンスが初めて参加したカールに目をつけ対面式でイエスマンについて説く。その場の雰囲気に押されたカールはイエスの誓いを立てるフリをしてやり過ごす。しかし外に出た直後、ホームレスから車に乗せて欲しいと言われたカールは、そばにニックがいたためつい「イエス」と答えてしまう。

 

カールは車中でホームレスの男が要求するまま「イエス」と答えるはめになり携帯電話や持ち金のほとんどを渡してしまう。ホームレスを降ろした後ガス欠になり連絡手段もないため数キロメートル離れたガソリンスタンドまでポリタンクを持って歩くカール。イエスマンなんてバカバカしいと思い始めた矢先、ガソリンスタンドでスクーターに乗る若い女性と出会う。置いてきた車の所まで彼女のスクーターに乗せてもらい、話の流れでキスまでしてもらい久しぶりに笑顔が戻る。という導入だ!

 

 

今までの物事に対する考え方や、捉え方を変えるだけで人生は大きく変わる。また、それはいつからでもいいということを教えてもらえる最高の映画!

 

トゥルーマン・ショー以来、2作目のジムキャリー!

 

好きだ!

 

U-NEXTやNetflixで見ることできますよ!ぜひ!