映画同好会のblog

気ままにみた映画の紹介をします。

生きてりゃそれで幸せさ!悩めるあなたへ

ツレがうつになりまして(2011年)

 

生きてりゃそれで幸せさ

悩むこと一旦忘れてみよ

あなたのこと想ってくれる人は必ずいる

 

こんなことを感じた映画です!

 

f:id:r-akimoto:20210803211000j:image

 

ストーリー(ネタバレなし)

「スーパーサラリーマン」だったツレ(作者の夫)がある朝「死にたい」と真顔で言い出した。

 

うつ病だった。

 

売れない漫画家の妻(作者)と共に送る闘病生活を描く。

 

自殺未遂、症状の改善、悪化などあらゆる出来事を決して固くない絵のタッチで表現するという内容!

 

うつ病を「宇宙カゼ」と呼んだり、抑うつ状態の症状が現れている時に憂鬱をキャッチするアンテナが頭に現れているという独特の描写などがある。

 

作者は、うつに対する知識として「精神的に弱い人がなる」「神経症のようなもの」というイメージを持っていた。作者の周りの人の病気に対する知識の乏しさや誤解が多いと感じ、自分達の世の中にうつ病の事を広めたい、そしてツレが退職して退職金と失業保険を使い切り、作者の仕事が少ないという経済的理由も相まって出版社に企画を持ち込むと!!

 

感想

なにかと勤勉な日本人

転職した私は何かと周りの目を気にしています。

けど、この映画に励まされました。

 

ものごとの捉え方、うつという病気自体の捉え方、勉強になりました。

 

いいんじゃないかな!まずは自分を大切にして。

そんなことを感じさせてくれる映画です!

 

何かに悩みがあるみなさん!

是非観てください!