映画同好会のblog

気ままにみた映画の紹介をします。

リスのシーンの秘密「チャーリーとチョコレート工場」

「チャーリーとチョコレート工場」

 

f:id:r-akimoto:20210826232105j:image

 

映画概要

製作費・150億円

興行収入・400億円

 

主演・ジョニーデップ

ギャラは18億!

ちなみにジョニーデップはフォーブスが発表するギャラもらいすぎ俳優1位です!

駄作が意外と多いんですよね。

 

あらすじ

世界中で大人気のウィリー・ウォンカ製のお菓子。

だが、その工場の中は完全非公開であり、謎に満ちていました。

 

ある日、ウォンカは

「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴らしい副賞がつく」

というキャンペーンを実施しました。

 

世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中で運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛み勝利にこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリーでした。

 

彼らはウォンカの招待のもと、工場の中で夢のように不思議な光景を体験していきます。

 

ところがその途中でさまざまなハプニングが起こり、子供たちは一人ずつ脱落していくのです。

 

ウォンカは、最後まで残り「副賞」を獲得するのはどの子供なのか!腑に落ちる結末にも注目です。

 

 

撮影秘話

チョコレート工場の内部には全てチョコレートで作られた庭園が登場しますが、川は本物ではなく、限りなくチョコレートの質感に近い素材で表現されました。

 

しかし、庭園のモニュメントや芝生はパティシエによって実際に作られた本物のお菓子なのです。

 

また、途中に登場するリスのシーンはCGではなく、実際のリスを調教して作業させているというので驚きです。注目してご覧ください!

 


マイク・ティービーの場面で顕著ですが、

『2001年宇宙の旅』

『サタデー・ナイト・フィーバー』

『鳥』

『サイコ』

『ベン・ハー』

といった有名映画へのオマージュや、クイーンやビートルズやキッスなどのロックバンドを連想させる曲調や画面づくりなど、映像作品のエッセンスが取り入れられている。

 

まとめ

Amazon prime

U-Next

Hulu

Netflix

 

メジャーどころで見放題!

子供の時とは違う視点でご鑑賞いかがですか?